【大阪】人気の高いおすすめの振袖レンタル業者をランキング形式で厳選紹介!成人式を迎える方、おしゃれな振袖・着物をレンタルをしたい方は必見!

華麗なる着姿!振袖の上手な着付けと下手な着付けを分けるポイント

公開日:2024/02/15  最終更新日:2024/02/09


振袖の着付けは重要ですが、上手な着付けと下手な着付けの差はどこにあるのでしょうか?この記事では、華やかな振袖姿を演出するための着付けのポイントを探ります。正しい手法や注意点を押さえ、振袖を美しく着こなすための秘訣を紹介しましょう。振袖の魅力を最大限に引き出すためのテクニックについて、ぜひご一読ください。

上手な着付けと下手な着付けの違い

着物は日本の伝統的な服装であり、その美しさと独特の雰囲気は世界中で称賛されています。着物を着る際には、着付けが非常に重要です。上手な着付けと下手な着付けの違いは、見た目の美しさや着用者の快適さに大きく影響します。

では、一体どのような点が上手な着付けと下手な着付けを分けるのでしょうか?

見た目の美しさ

上手な着付けは、まず見た目の美しさから始まります。着物や帯の素材や柄を活かし、バランスの取れた着付けが行われていることが重要です。帯の結び方や衿の形、袖の長さなどが調和し、着物全体の美しいシルエットを作り出すことができるでしょう。

一方、下手な着付けでは、帯が歪んだり、衿が乱れたりしていることがあります。これによって、着物の魅力が損なわれてしまうのです。

着用者の快適さ

見た目の美しさだけでなく、着用者の快適さも重要です。上手な着付けは、きつすぎずゆるすぎず、適度な締め付けで着用者を優しく包み込みます。着物が身体にフィットし、動きやすい着付けがされていることが大切です。

一方、下手な着付けでは、きつく締め付けられたり、不適切な部分がゆるんで着崩れやすくなったりすることがあります。これによって、着物を着ることが苦痛になってしまうかもしれません。

技術と熟練の差

上手な着付けと下手な着付けの違いは、技術と熟練の差にも現れます。上手な着付けは、正確で迅速な技術と経験豊富な手さばきによって成り立っているのです。着付け師や経験者は、豊富な知識と経験を活かして、短時間で美しい着付けを完成させることができます。

一方、初心者や未熟な者は、着付けの技術や知識が不足しており、時間をかけても満足のいく着付けが難しいかもしれません。

振袖の上手な着付けの基本手法

振袖を着る際には、正確で美しい着付けが求められます。こちらでは、振袖の上手な着付けの基本手法を押さえて、特別な日に素晴らしい振袖姿を演出しましょう。

下着の準備

振袖を着る前には、適切な下着を用意することが大切です。通常、長襦袢や肌着を着用し、体のラインを滑らかに整えます。また、必要に応じて胸元やウエストを補正するための下着も準備します。

襦袢の着用

次に、襦袢を着用します。襦袢は、着物の下に着るインナーの役割を果たすのです。背中側の衿を正しく折り、正面に引き出して腰で結びます。襦袢の裾は、着物の裾が滑らかに落ちるように整えましょう。

前掛けの装着

前掛けは、着物の前に巻く布であり、着物を汚れやシワから守る役割があります。前掛けを着用する際には、背中側から前に回し、腰で結びましょう。結び目は左右対称になるよう調整し、バランスよく着用します。

裾捌き

振袖の着付けでは、裾の長さや形を整えることが重要です。裾を滑らかに広げ、地面につく程度の長さに調整します。とくに、草履を履く場合は裾が床に触れるように調整しましょう。

振袖の着用

最後に、振袖を着用します。振袖は、着物の中でもっとも華やかな部分であり、正しい着用方法が重要です。袖口から腕を通し、衿を合わせて背中で結びます。袖口と衿の位置を整え、バランスよく着用しましょう。

下手な着付けを避けるポイント

振袖の着付けは、成人式や結婚式など特別な場面で身につける機会が多いため、美しく着こなしたいと願う人も多いでしょう。しかし、下手な着付けは見た目の美しさだけでなく、着心地や動きやすさにも影響を与えます。

ここでは、下手な振袖の着付けを避けるためのポイントを紹介しましょう。

正しい着付けの手順を学ぶ

まず、振袖を上手に着こなすためには正しい着付けの手順を学ぶことが重要です。着物のたたみ方や帯の結び方など、基本的な技術をマスターしましょう。

経験を積む

着付けは熟練を要する技術です。慣れるためには、日常的に着物を着用し、着付けの練習を積むことが必要です。最初は手間取るかもしれませんが、継続することで徐々に慣れていきます。

適切な道具を使用する

着付けにはさまざまな道具が用いられます。帯締めや腰紐、帯板などの道具を適切に活用することで、着付けをスムーズに行うことができるのです。道具を使うことで、着物のシルエットや安定感を向上させることができます。

適切な下着を選ぶ

振袖を着る際には、適切な下着の選択も重要です。とくに胸元や背中のラインをきれいに整えるために、ブラジャーやヌードタイプの下着を選ぶことがポイント。また、肌にフィットするものを選ぶことで着付けの仕上がりもよくなります。

姿勢を整える

振袖を着せてもらう際の姿勢も重要です。背筋を伸ばし、肩を後ろに回して正しい姿勢を保つことで、着付けの仕上がりも美しくなります。また、着付けの過程で着付師の指示に従い、姿勢を維持することも大切です。

着付けの専門家に相談する

振袖の着付けに自信がない場合は、着付けの専門家に相談するのもひとつの方法です。着付け教室や美容院などでプロの手による着付けを受けることで、安心して特別な日を迎えることができます。

まとめ

振袖の着付けは、華やかな着姿を演出するために重要です。正しい手法を用いることで上手な着付けが可能ですが、逆に誤った方法では着姿が乱れてしまいます。基本手法を押さえることや適切な道具の活用、経験を重ねることが重要です。また、適切な下着や裾の調整もポイント。着付け師に相談することも大切ですが、自分でも基本を覚え、着付けの楽しみを体感しましょう。

【大阪】振袖レンタル業者ランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名キモノハーツ大阪京都きもの友禅きものやまとエイトレント
(インフィニティ)
ファーストステージ
特徴プロの専門スタッフによる振袖選び~成人式の準備までの徹底サポートがある品揃えが豊富で、
毎年150種類以上の新作が入荷される
2017年度に呉服売上高ランキング1位獲得利用しやすい料金設定で、必要なオプションを都度追加することができるメーカーから直接買付をしているため、
上質な振袖をお得な価格でレンタルできる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
振袖やレンタル業者選びの豆知識