【大阪】人気の高いおすすめの振袖レンタル業者をランキング形式で厳選紹介!成人式を迎える方、おしゃれな振袖・着物をレンタルをしたい方は必見!

安っぽく感じる振袖は嫌!安くても質の良い振袖を選ぶコツは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/06/30

成人式に合わせて、振袖レンタルを利用する方も多いかと思われますが、選んだお店が、安っぽい見た目の振袖ばかりで失敗してしまった方も少なくありません。安っぽい見た目の振袖は、生地の品質や染めなどの技術に左右される部分もありますが、さまざまな理由があります。

今回は、振袖レンタルで質の良い振袖を安く選ぶコツについて解説します。

生地が薄いと見た目が安っぽくなる

振袖レンタルの料金に関わらず、安っぽい振袖を選ばないコツがあります。それは、安物に見える生地の特徴を理解することです。

たとえば絹のような天然繊維と、ポリエステルのような化学繊維があり、絹で織られた振袖の方が当然高そうに見えるとは限りません。実は絹でもポリエステルのような化学繊維でも、薄い生地だと、何となく安っぽい印象を与えてしまうのです。

安っぽく見えない生地というのは、繊維だけでなく、使用する糸の本数の多さも異なります。高級感のある生地だと、糸の本数が非常に多く重厚感のある印象を与えるので、ポリエステルでもある程度は遜色のない仕上がりになります。

デザインにこだわりがない振袖は安っぽい

振袖の高級感を左右するもう一つの要素が柄です。振袖に柄を入れるのに、どれだけ手が込んでいて時間をかけているかどうかるかも、安っぽく感じる振袖かどうかを決めるポイントとなるでしょう。

まず、高級な振袖は、当然ながら手染めです。この手染めの振袖は間、時間も人の手もかけ丁寧に仕上げられています。高級振袖の柄は、染めの作業を繰り返し施しており、それによって高級感を表現しています。安物だと染めの作業が1、2回程度のものが多いため、必然的に高級感が失われてしまうでしょう。

そして、高品質な振袖は、デザインが非常に凝っています。金箔があしらわれていたり、刺繍や絞りといった匠の技術が、存分に発揮されているので、安っぽい見た目の振袖は、このような手の込んだ加工ではなく、最悪機械による加工がメインであることがうかがえるでしょう。

生地の発色が悪いと安っぽい仕上がりになる

生地の発色が悪い特徴の振袖は、中国産などのポリエステル加工された振袖に多く見られます。このような生地は柄が染めなどではなく、機械でプリントアウトされたものになるので、サイズも既成なっており、仕立てがありません。

また、このような振袖は、数年前に販売されたアウトレットのものが多く、デザインが古いものが多くなります。ちなみに、パソコンやスマートフォンの画面越しと、実際見るのとでは、振袖の発色がまったく違うといったトラブルもあり、こういったことは、生地や染料の品質が安いものに関して起こりがちです。そのため、できれば実際に振袖を見てレンタルするのが、やはりトラブルのリスクが少ないのは明白でしょう。

安くて高品質の振袖を選ぶ方法

安くて質の高い振袖レンタルを選ぶのなんて無理では? と、希望を持つことに難色を示してしまった方もいるかもしれませんが、安さと品質の良さを兼ね備えた振袖レンタルは、実際にあるので諦めないでください。つまりどういうことかというと、振袖のコストを高くしている原因は、素材や技術だけではないということです。

振袖はレンタルでも販売でも、さまざまな業者を経由して提供される形になっているのが一般的ですが、この流れでさまざまな経費がかかってしまうのがネックでした。一般的な問屋や呉服店は、製造元やメーカー、総合問屋を介して販売しています。この間に、流通にかかる経費が振袖の売値に上乗せされているため、必然的に価格が高くなってしまうことが、振袖の価格を底上げしている要因となっているのは否めません。

しかし中には、製造元から直卸ししている振袖レンタルもあるので、そのような店であれば、安くて高品質の振袖を選ぶことができるでしょう。また、広告塔に有名人を起用している振袖レンタルだと、広告費にお金をかけており、その分利用料金も高くなることがあるというのもチェックしてください。

まとめ

安くても高品質の振袖を選ぶには、安っぽい振袖の特徴を押さえることが先決です。それを理解すれば、仮に安っぽい振袖を扱っている振袖レンタルに出くわしても、それまでの認識だと何となく安っぽいような印象を受けるものでも、確実に安っぽいと判断しやすくなるでしょう。

もしかしたらこの記事を読むまでは、「安っぽい振袖は機械で作っていて、素材も安い」いと思っていた方もいるのかもしれません。しかし、安い素材でも工夫次第で高級感を見せることができますし、それができなければ、とことん安っぽい見た目になってしまうのです。

そして、しっかり高品質なものも、ルート次第では低価格でレンタルできるので、扱っている振袖の特徴と値段が安い理由を調べて、理想のゴージャスな振袖が借りられるよう、頑張って見つけ出してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧