【大阪】人気の高いおすすめの振袖レンタル業者をランキング形式で厳選紹介!成人式を迎える方、おしゃれな振袖・着物をレンタルをしたい方は必見!

簡単にできる!振袖をレンタルした後の返却方法の流れとは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/06/30

振袖のレンタルはとても便利なので、成人式にはぜひレンタルをしようと考えている人は多いと思います。その際は振袖の選び方なども大切ですが、返却方法について知っておくこともとても重要です。

とはいえ、レンタルした振袖の返却方法はまったく難しいものではありません。事前に流れをちゃんと分かっていれば、簡単に返却することができます。

振袖を1~2日乾燥させる

寒い時期であっても、着た後の振袖は汗を吸収して湿っているものです。成人式を終えて振袖を脱いだら、着物用ハンガーにかけて1~2日間干し、水分を飛ばす必要があります。

ただし、振袖は直射日光が当たると日焼けしてしまう可能性があるので、日の当たる場所で干してはいけません。そのため、振袖を干すときは「陰干し」といって日の当たらない場所を選んで干すのが一般的です。

室内で干すのもよいですが、その場合はなるべく風通しがいい場所で行わないとカビや虫が発生するおそれがあるので注意しましょう。野外で乾燥させるときは、よく晴れた湿気のない日に半日ほど干しておき、暗くなる前には片付けます。

暗くなって気温が下がると湿度が上がってしまうので、そろそろ日が落ちそうだなと思ったら少し早めに取り込んでおくと安心です。もしも干しているときに汗ジミがあるのを見つけて気になった場合は、簡単な「汗抜き」という作業をしてもよいでしょう。

タオルの上に振袖を広げ、汗ジミのあるところに霧吹きで水を吹きかけた後に、よく乾いている別のタオルで軽くたたくというのが汗ジミのやり方です。刺繍や金箔部分にやってはいけないということと、あまり水をかけすぎてはいけないということにさえ注意すれば誰でも簡単に汗ジミを落とせる汗抜きは、覚えておいて損はありません。

振袖に汚れがないか確認する

振袖が十分に乾いたら、たたんでしまう前に汚れている場所がないか振袖全体をチェックしましょう。二次会などに振袖を着て参加したりすると、思わぬ汚れがついてしまっているということがあるものです。

もし振袖に汚れがあるのを見つけても、慌てて落とそうとする必要はありません。レンタルした業者にもよりますが、多くの振袖レンタル業者は返却時にクリーニングはしなくてもよいとしています。

汚れを落とさなくてはと自分で何かしてしまうとむしろ逆効果になって振袖を傷つけてしまう可能性があるので、汚れがあった場合も水を含ませたタオルで軽く叩くくらいの処置にとどめておくのがおすすめです。

汚れに関することはレンタルの規約に必ず記載があるはずなので、汚してしまうことが不安なのであれば着る前に規約を改めて確認するのもよいでしょう。しかし、ほとんどの場合、レンタル業者は小さな汚れなどは付いてもしかたないものと想定しています。

そのため、よほどひどい汚れでもない限りそこまで心配することはありません。ちなみに、食事で振袖を汚さないようにするためには、大きめのハンカチなどをひざに載せるのがおすすめです。汚れることが想定されているとはいえ、できるだけ汚さないようにする工夫はしておくに越したことはありません。

期日内に返却する

汗をしっかり乾かし、汚れの確認も行ったら、返却期限日までに振袖を返せるように返却の準備を進めましょう。店頭に直接行って返せる業者もありますが、ほとんどの業者は宅配便での返却が可能です。

そのため、基本的には自宅に集荷に来てもらうか、コンビニや配送センターへレンタルしたものを一式持っていくという手軽な方法で返却は済んでしまいます。返却するときは、段ボールではなく受け取った時に振袖が入っていた専用の梱包箱に入れなおすのが一般的です。

その際、たたみかたはどのようにすればいいのかと迷ってしまうかもしれませんが、普通の洋服のようにたたんだり、業者のなかには丸めて入れたりしてもよいとしているところもあります。そうはいってもあまりにも適当に入れてしまうと振袖が傷ついてしまう可能性があるので、丁寧な取り扱いを心がけることが必要です。

そして、うっかり小物などを返し忘れてしまったということが起こらないようにするためには、梱包をする時には入れ忘れがないかをきちんと確認しておかなければいけません。自分の次に振袖を借りる人が待っているということを意識して、次の誰かが気持ちよく使えるように返却しましょう。

まとめ

成人式が終わって振袖を脱いだら、まずは汗や湿気を飛ばすためにしっかり干す必要があります。干しているときに汚れが付いてしまっていることに気付くこともあるかと思いますが、レンタルの振袖は自分で汚れ落としやクリーニングをしてはいけない場合が多いので、汚れには触らないでおくのがおすすめです。

返却するために振袖一式を箱に入れるときは、入れ忘れが無いようにすることが重要になります。自分の次に借りる人がいることを考えて、スムーズな返却を意識するのが大事です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧